So-net無料ブログ作成
ボエーム Puccini/ La Bohème ブログトップ

ボエーム La Bohème:ルッジェーロ・ライモンディのコリーネ [ボエーム Puccini/ La Bohème]

 ルッジェーロ・ライモンディは、ボローニャ音楽院在学中(3年目)スポーレートの『アドリアノ・ベッリ歌唱コンクール』に挑戦、みごと優勝。このコンクールの優勝者は、オペラに出演できるという特典があり、ライモンディは、1964年9月23日 Teatro Lirico dell’Umbria ウンブリア市民劇場で《ボエーム》にコリーネ役で出演、22才でオペラデビューを果たす。この時のマルチェッロは、1961年の優勝者のレナート・ブルゾン。「新人として最高のコリーネだった」とレオーネ・マジエラ氏の著書に記載されている。

◎1964年〜1974年公演・録音記録
(ミミ/ロドルフォ/マルチェッロ/コリーネ/ショナール/ムゼッタの順)


1964/9/23:スポレート Teatro Lirico dell’Umbria
Paola Bornigna(優勝者)/Franco Castellana(優勝者)/レナート・ブルゾン/RR(優勝者)
spoleto_teatro.pdf

1967/8/3,5,10:フェニーチェ/エットーレ・グラチス指揮/カルロ・マエストリーニ演出
ミエッタ・シゲレ/ジャンニ・ライモンディ/シルヴァノ・カローリ/RR/オテロ・ボルゴノヴォ/シルヴァーナ・ザノッリ

1972/5/16:メトロポリタン歌劇場ツァー/メンフィス(テネシー)/F・モリナーリ・プラデッリ指揮/Joseph L. Mankiewicz演出/Patrick Tavernia舞台/Rolf G&egravw;rardデザイン
ルチーナ・アマラ/プラシド・ドミンゴ/マテオ・マヌグエッラ/RR/レイモンド・ギッブズ/コレット・ボーキー 詳細

1972/6/3:メトロポリタン歌劇場ツァー/デトロイト(ミシガン)/F・モリナーリ・プラデッリ指揮/Joseph L. Mankiewicz演出/Patrick Tavernia舞台/Rolf G&egravw;rardデザイン
テレサ・ツィリス=ガラ/プラシド・ドミンゴ/ドミニク・コッサ/RR/レイモンド・ギッブズ/コレット・ボーキー 詳細

1974:ロンドン録音/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団/ゲオルク・ショルティ指揮/★CD
モンセラート・カバリエ/プラシド・ドミンゴ/シェリル・ミルンズ/RR/ヴィンセント・サルディネロ/ユディット・ブレゲン

1972年4月22日〜6月24日までメトロポリタン歌劇場で、《ボエーム》の他、Sir Rudolf Bing ガラコンサート、ファウスト(メフィスト)、ドン・カルロ(フィリッポ)、アイーダ(ランフィス)、リゴレット(スパラフチレ)に出演

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ボエーム Puccini/ La Bohème ブログトップ