So-net無料ブログ作成
検索選択
共演者 ブログトップ

Jonas Kaufmann ヨナス・カウフマン(1969.7.10-ミュンヘン) テノール [共演者]

遅咲きのテノール、ヨナス・カウフマン

略歴:
 1969年7月10日、ミュンヘンで生まれる。ミュンヘン音楽大学卒。1993年、マイスタージンガーの小さい役でデビュー、1999年ザルツブルグ音楽祭に出演するも、鳴かず飛ばずで低迷していたが、2001年から、チューリッヒ歌劇場のアンサンブルメンバーになり、魔笛、レオノーラ、後宮よりの逃走、ウリッセの帰還、ニーナ、フィエラブラス、フィデリオ、ファウストに出演、徐々に注目されるようになる。2006年2月にはNYメトで《椿姫》のアルフレードを、12月には、ROHで《カルメン》のホセを歌い国際的に認められる。2007年もチューリッヒ歌劇場で、《ドンカルロ》《フィデリオ》《椿姫》《リゴレット》に出演予定。ドイツ歌曲のリサイタルも行う。過去にドイツ歌曲のリサイタルで来日したことがあるが、2011年のメトロポリタン歌劇場来日公演では《ドン・カルロ》の表題役で出演予定。(2009.3.20記)

 オペラデビューは23才なので普通だが、注目されたのが、2006年頃でかなり遅い、ちょっとめずらしいタイプのテノール。日本人の好きな「継続は力なり....」の見本のような歌手。2007年以降の活躍ぶりは、チューリヒ歌劇場HPの歌手略歴:Jonas Kaufmann 参照。

ルッジェーロ・ライモンディとの共演:
★2005年3月〜4月 チューリッヒ歌劇場《ファルスタッフ》 写真右上:フェントン
2009年5月9,12日 ウィーン国立歌劇場《トスカ》
2009年5月16,21日 Deutsche Oper Berlin(ベルリン・ドイツ・オペラ)《トスカ》


続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
共演者 ブログトップ